最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー

    感染症について

    お腹が痛い

    冬季に発症者が増える傾向にある感染症の一つにノロウイルスがあります。かからないように知識をつけたり予防を行なっていく必要があります。
    ノロウイルスは食品の中ではウイルスが増殖することはなく、人の体内に入って腸管内でのみ増殖をすると言う特徴があります。
    そのため、発症すると主に下痢や嘔吐などの症状が見られます。
    症状には個人差がありますが、激しい下痢や嘔吐によって脱水症状を起こすこともあるので注意が必要です。
    また、接触感染や飛沫感染などの人から人への感染力が強いのも特徴です。
    下痢や嘔吐をした場合には、空気中にウイルスが大量に浮遊するため、早急に消毒をして殺菌対策を取る必要があります。
    その際も空気中のウイルスを吸い込んでしまったり、直接触ってしまうと感染する危険があります。

    細菌について

    感染を予防するためには、うがいや手洗いが基本になります。
    ノロウイルスは非常に小さな細菌なので、指の間やしわなどに入り込んでいる可能性があるので、殺菌作用のある石鹸で隅々まで洗い、お湯や水でしっかりと洗い流すことが大事です。
    ノロウイルスは塩素系漂白剤で消毒することで死滅しますが、感染者が身近にいる場合は、特にドアノブやトイレなど共通で触る可能性のあるところは念入りな消毒が必要になります。
    また、下痢や嘔吐の症状が治まった場合でも、ウイルスがしばらく腸管内に残っている可能性もあるので注意が必要です。
    感染者がトイレを使用した際には、水を流す際に水圧でウイルスが拡散するので、ふたを閉めてから水を流すことが大事です。